メインイメージ画像

自然体で働く風俗バイト

ネットの割引クーポンや無料案内所での格安風俗店の紹介だが、何よりも効果的なのは、やはり店の前に立つ客引きとの交渉だろう。だが、相手は100戦練磨のキャバクラスタッフこちらが遊び慣れていない風だと、なかなか値段交渉に応じてくれない。そこで、「値引きができないキャバクラでなんて絶対に行かない」と豪語する夜遊び交渉人を自称する(K氏37歳?会社経営者)に、そのキャバクラ値引き術について聞いてみた。キャバ嬢のバイトの時給から値引き額を判断「値引きしてもらうにしても、まず敵側の内情を知らなければいけません。通常、側はお茶を挽いている暇なキャバ娘に対しても、出勤した以上、時給を払わなければいけない。

そこで『少しぐらい安くてもいいから客を入れよう』となる。ということは、キャバ娘の時給よりは下げられませんよね?もちろん、そこに諸経作も加わりますので、そこから逆算してセット料金を値引くわけです。店舗のクラスにもよるが、一般的なお店であれば、キャバ娘の時給は3000~5000円、格安店でも最低2000円。こうしたキャバ娘の時給は求人広告などで確認できるので、チェックしておくといいだろう。

「そう考えると、セット料金を大幅に値引きすることが難しいのがわかります。できても、1000円とかでしょうね。『半額でいいんで!』とか客引きが言ってきたら、レディースドリンクを執拗におねだりしてきたり、自動延長して延長料をとろうとしたりするプチ悪質店の可能性があり、逆に高くつくことがあるので、注意してください」